トップ / 結婚式や披露宴の参加知識

結婚式や披露宴の参加知識

結婚と披露宴へ参加

マナー

結婚式や披露宴でのマナー

結婚式に招待された時にはきちんとしたマナーで参加しなければなりません。招待状の返事の書き方や、当日の服装だけでなく、披露宴の際にもマナーがあります。まず携帯電話など音の出るものは切っておくことです。そして幸せな結婚式の場です。もし知らない人と同じテーブルになっても楽しく話して過ごすといいです。披露宴中にトイレに行きたくなったら、スピーチの最中などは避けるのがいいです。そしてご祝儀にも気を付けましょう。ご祝儀袋の選び方や、書き方だけでなく新札を用意し、新郎新婦との関係に合わせた金額を包みます。友人なら3万円が相場です。

披露宴に呼ばれたとき

披露宴に呼ばれたとき、喜ばしい気持ちはもちろんですが同時に頭に浮かぶのはご祝儀のこと。数万円単位で必要になるため状況によっては頭の痛い話です。いくら包むかは結婚するカップルに対して自分がどういった立場かによってある程度決まってきます。友人、同僚ならば3万円、相手が部下ならば5万円、などと言う具合です。結婚式のご祝儀は奇数枚数のお札を包むのがマナーとされています。これは割り切れない、というゲンを担いだものです。どうしてもお金がないから2万円しか包めない、という場合は新札の1万円札と5千円札2枚を用意しましょう。

↑PAGE TOP