トップ / 結婚式でのドレスやスーツ

結婚式でのドレスやスーツ

結婚式での身なり

マナー

結婚式や披露宴での服装のマナー

結婚式や披露宴に招待してもらったら、きちんとした服装やマナーで参加しましょう。まず女性の場合、フォーマルドレスが一般的です。カラーは白は新婦さんの色なのでさけましょう。白ではなくてもうすいピンクなどでは光の加減によって白く見えたりするので注意が必要です。足は肌色のストッキングが望ましいです。黒色のストッキングは避けたほうがいいです。また足元もつま先の見えないパンプスがいいです。ミュールやサンダルなどは避けましょう。男性の場合、スーツですが、それに合わせるネクタイの色に気を付けるといいです。黒っぽいデザインは避けましょう。幸せな結婚式の場です。きちんとしたマナーでお祝いしましょう。

披露宴での服装のマナー

結婚式や、披露宴にゲストとして招待をされた場合、服装に関するマナーがいくつかありますので、選ぶ際には注意をしましょう。男性で親族として出席をする場合、略礼服と呼ばれるフォーマルなスーツに、白いネクタイを着用します。同僚や友人として出席する場合には、以前はダブルスーツと白いネクタイが正式でしたが、最近では、黒いスーツに、色付きのネクタイでも問題ないとされています。女性の場合は、結婚披露宴を華やかにする役割もありますので、和装や、ワンピースを着るのが正式です。白いドレスは花嫁の色ですので、着用は避けましょう。

↑PAGE TOP